Sima-Biz センター長ブログ

五島灘酒造の酒造蔵開き

4月24日、少しですが、「五島灘酒造」さんの酒造蔵開きに顔を出しました。

大勢の島民で大いに賑わい、本当に本当に、参加者の皆様の笑顔が素敵で。

あの顔、この顔が少しずつ分かり始めています(笑)。

手作りのイベントで、中には、あの担々麺屋さんもいらっしゃって。

お会いしたかったデザイナーさんの姿も。

長崎県新上五島町唯一の酒蔵として、

今後とも頑張ってほしいと思いました。

応援いたします。

image01 image02 image03 image04

 

 

 

上五島にて佐世保バーガー

浦桑の「ワンダー」さんでは、

ご夫婦が佐世保バーガーを作っています。

佐世保の名店で修業されたそうで、

味も価格もグッドでした。かつて、

佐世保に4年間住んだ私にはたまりません(笑)。

image1 image2 image3 image4

 

カイゼン努力

長崎県南松浦郡新上五島町の生産者直売所

「メルカ・ピィあおかた」は自己活性化策に取り組んでいます。

今回改善したのは「営業時間」と「店休日」のお知らせ。

ガラス窓の枠を生かして、従来より、大きく告知するようになりました。

地元住民が大半とはいえ、観光旅行の個人客も増えつつある上五島の動向も踏まえ、

今回の改善は住民にも、観光客にも優しい試みでした。

さあ、次なる一手を考えていきましょう!

image1 image2 image3

 

風は西から♪

長崎県新上五島町で人気のレストラン「かもめ亭」にうかがいました。

地域活性に飲食店の力は欠かせません。

2image

オーナーシェフの吉岡悟司さん、妻・宏恵さんにお会いし、2年前にお店を

オープンしたこと、東京での修業時代のこと、上五島の食の可能性などに

ついてお話させていただきました。

4image

私はメニューCをチョイス。五島牛ハンバーグ、五島豚カツレツなどなど。

サラダにかかっていたタマネギ・リンゴドレッシングがあまりにも美味しく、

私も前職が調味料メーカー勤めだっただけに、

ついついその種の商品開発のお話に(笑)…。

なんと、旦那様は宮崎市出身。共通のお知り合いもおりそうな予感。

上五島観光でお土産品の種類が少ない、との指摘は少なくありません。

プロの料理人さんたちの力を借りたいところです。

今後の展開が楽しみになりました。

 

image1

 

 

「大漁旗」の利用・活用PJ

今も、水産業が盛んな長崎県新上五島町。

漁協や津々浦々の各漁家には

「今は使われていない大漁旗がたくさん眠っているはず…。」

との仮説のもと、ある町職員と盛り上がったところ、

本日、産業サポートセンターに届きました(笑)。

image03

大きさは↓ ※男性の身長は182cm

image02

大漁旗のような思いのこもった地域財産を集めて、

法被やTシャツなど今様の衣装に仕立て直し、

今後の物産展や視察受け入れの際の公式着として

活用していきたいです。

とある喫茶店で見たあの手作りの古布バッグが忘れられないです。

image04 image05

 

創刊号「シマビズ NEWS」です!!

image3

こんにちは。

長崎県・新上五島町産業支援センターの平義彦です。
「シマビズ NEWS」創刊号では、スタッフ3名の紹介をいたしました。

新上五島町内の事業所・商店・生産者団体の売り上げアップを目指し、

独自の強みを生かした、具体的な支援策をご提案していきます。

知恵を絞ります。何卒よろしくお願いいたします。

↓ ↓ ↓ コチラ

 

 

上五島病院の情報発信

離島の情報発信について、上五島病院の皆様と意見交換しました。

結論、「ホームページによる情報発信は重要」というあらためての事実。

離島での医療スタッフ募集の大変さは皆が知るところ。

そこで、上五島病院は医療スタッフの働く姿や休日のすごし方を写真をふんだんに使い、

分かりやすく伝えることに取り組んでいます。

やさしいやわらかなデザインで、生の声を豊富に発信しています(笑)。

その結果、今年度採用16人のうち、11人は島外出身者。

他力本願ではなく、自らの感性で自らの思いを世に伝える努力…。

離島の産業振興にも欠かせない視点。

上五島病院の取り組みを参考にいたします。

1174584_652529208222327_2421882439387335870_n

有川神楽

先日、長崎県新上五島町・有川神社で催された「有川神楽」(観光神楽)を見学しました。大勢の観光客が見守る中、小学生による舞や獅子舞などが奉納されました。最後には、もちまきもあり、大いに盛り上がりました。神楽は「平戸神楽」を見学して以来でした。上五島地区には、各地で神楽を受け継いでおり、神社の例祭には欠かせない神事芸能です。島外の皆様にもぜひ一度見てほしいです。
image01 image02 image03 image04

初瀬勇輔氏講演会

長崎・青雲高校柔道部出身で、視覚障害者柔道で活躍する初瀬勇輔氏の講演会が4月16日、長崎県新上五島町内で開催されました。初瀬氏はこれまでの人生やパラリンピック出場に懸ける思いを伝えました。「失敗してもいい。また、次に挑戦すればいい」「考えることは無限にできる」と、集まった200人に呼び掛けました。初瀬氏の考え方は新たな地域づくりや地場産業振興にも大いに共通することがありました。また、地元高校生も多く参加していたことが、本当にうれしかったです。

image1 image2 image3 image4

 

熊本地震の被災住民に対し

「五島うどん」の若手経営者が、4月14日夜に起きた熊本地震の被災住民に対し、うどんを送ろうとしています。本日、熊本県庁の担当課に相談し、今後、指示を仰ぐようにしています。わが長崎県は、長崎大水害や雲仙・普賢岳噴火災害など過去の自然災害の際に、熊本県をはじめ国内外の皆様に支援していただいた経緯があります。今回、被災地へうどんを送ることができるかどうかまだ分かりませんが、若手後継者が自ら支援を名乗り出たその姿に心うたれました。ありがとうございます。